見えている問題は1割?(ハインリッヒの法則)

久しぶりに投稿します。

このホームページの「問題の種類」のページで、問題を4つの象限で説明しています。

第1象限のように「あるべき姿」も「現状」もはっきりして顕在化している問題とそれ以外の問題は、それぞれどのくらいの比率であると思いますか?

「そんなことは、検討してみないとわからないだろう」と言われそうです。
たしかに、その通りで実際に要因を分解してみないとどのくらいあるかはわかりません。
しかし、どのくらいありそうか当たりをつけることはとても有効です。

その参考になるのが「ハインリッヒの法則」です。とても有名な法則なのでご存じの方も多いと思いますが、簡単に説明します。

この法則は、アメリカのハインリッヒ氏が労働災害を5000件以上を調べた所、1件の重大事故が発生する背景には、軽微な災害が29件発生しており、さらにケガには至らないものの「ヒヤリ」「ハッと」した出来事が300件あることを見いだし、経験則として発表したものです。「1:29:300の法則」ともいわれます。

 

この経験則は、その後いろいろな事象にも当てはまることが事例として紹介されています。Webなどで検索すると沢山出てきます。

さて、この法則から、顕在化している災害は1+29=30件で、問題にはいたらなかった潜在化している出来事が300件あることになります。この30件と300件の比から、潜在化している問題は、顕在化している問題の10倍はありそうだと当たりがつけられます。

氷山に例えると、海面から上の見えているところが顕在化している問題でおよそ1割という具合です。
その海面下には9割の見えていない潜在化した問題が隠れているということになります。

 

 

実際に、問題解決の初期段階で、リスク抽出や問題の洗い出しをすると、初めに想定していた問題の何十倍もの問題候補が発見されることを経験しました。
だいたい、参加者10人くらいで一日議論すると70から100程度出てきます。
この数字がどんな話し合いをしても一致するのでとても不思議です。私は、このハインリッヒの法則の比が、社会の営みがもつ不思議な数字のマジック(不変数)ではないかと思って活用させていただいています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です